婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)などのブライダルジュエリーからデザインリング(指輪)・ペンダント(ネックレス)などの高品質なファッションアクセサリーまで幅広くご提案いたします。
Twitterナビ
ホーム婚約指輪(エンゲージリング)

  婚約指輪のまめ知識

 

  ●婚約指輪は古代ローマの時代からあり、 初めは鉄製であったのが

      2世紀頃から 金製に変わっていったそう。   

      5世紀頃からは、日常的に結婚指輪を 身につける習慣が生じ、

     11世紀頃からは 教会挙式で指輪を交換するという風習が

     組み込まれていたようです。

    ●ダイヤモンドが用いられた最古の婚約指輪は、 神聖ローマ皇帝

     マクシミリアンとブルゴーニュ 公女マリーの結婚の際で、

     彼らの名と聖母マリア にちなみM字型に配されている。

 (*日本では縄文後期~古墳時代の地層から、金製、銀製、青銅製、

  石製、土器・陶器などの指輪と思われる装身具の出土が発見されて

  いますが、それ以降は指輪を身につける風習がなくなり、16世紀ごろ

  までほとんど登場していません。その期間、日本国内で指輪の

  使用された例は、海外文化との接触を表す場合のみと考えられていて、

  近代の指輪を身につける習俗は、明治に入り西洋風の指輪が入って

  きてから始まったそうです。)

 

 指の意味

 ●左手は”想う”力を表す 指 、右手は”現実”の力を表す!!  

   自分の意志で現実を切り開く。難関にぶつかってそれを突破したい時などに最適。

 ●親指

      集団のトップを目指すとき困難を乗り越える力を助け与える。
      また、自分自身を現すとも言われる。 
        こっそり心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる。 

 ●人差指

     理想の実現へ前向きに取り組みたい人や、積極性やコミュニケーション力を高めたい
     人向き。自分の意思で周囲を動かしたいとき、意志を貫きたいときに。
     直感力を司る。
     その目的によって指輪をつければ、ひらめきやインスピレーションが沸くのを助ける。


 ●中指 

    直感、霊感を表す。自分の思ったとおりに行動したいとき、
     特にギャンブルを好む人に。 愛の力。
     片思いなど成功させたい恋があるときは就寝時だけ着けても助けになると言われて
     いる。 

 ●薬指

      創造性やインスピレーションを刺激する。
     アーティストやクリエイティブな分野で活躍したい人にお勧め。
     宝石のパワーがストレートに現れる。
     変化とチャンスの象徴。
     願いをかなえたい時やお守りに最適。 

 ●小指 

      表現力を豊かにする。
     お守りの意味を持つ誕生石や星座石などをするのに最適な指。


 オーダーメイド・婚約指輪(エンゲージリング)作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リフォーム・婚約指輪(エンゲージリング)作品

                       

                        お手持ちのジュエリーとダイヤを使用して婚約指輪を

                        製作して欲しいとリフォームのご依頼を受けました。

                        天然石ピンクダイヤを脇に留めてとてもカワイイエンゲージリング

                        に出来上がりました。

 

                                       

                        

                        お手持ちのペンダントのダイヤを外して婚約指輪に

                        リフォームして欲しいとご注文をいただきました。

                        ペンダントのチェーンなどの余った地金は下取りとして値引き

                        させていただき、お値打ちにさせていただきました。

                                       

    婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)のことならジュエリー工房 セリオへ

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス